2019.05.29

おせんべい1枚=ショートケーキ2つ分の糖質って本当?


おせんべいといえば、おばあちゃんやおじいちゃんが食べているイメージがありませんか?

一回食べたら止まらない美味しいおせんべい。でも、意外にも糖質が高い食べ物なのです。

おせんべいとは?

普段食べてるご飯のお米(うるち米)を潰したり、ついたりしてのばしたものを焼いてつくる米菓のことを言い、今はたくさんの種類のおせんべいが売っていますが元々は、埼玉県草加市の名物である草加せんべいで関東発祥の食べ物なんです。

東京にある一番古いせんべい屋である松崎煎餅が創業した当初売っていたおせんべいは、小麦粉で出来たものでした。

おせんべいは関西の言葉で、小麦粉を原料とした関東では「瓦せんべい」などと呼ばれている甘いおせんべいのことで関西人と関東人ではおせんべいの意味が少し違うようです。

「おかき」「あられ」との違い

おかきとあられの原料はもち米。おかきは、堅くなった餅を「おっ欠いて」焼いて食べたのでかきもちという語源からきています。

そして、これを揚げたものが「揚げもち」小さいものが「あられ」と呼ばれます。

こちらは関西の発祥で「せんべい」と言えば小麦粉で出来た「甘いせんべい」で「おかき」といえばもち米で出来た醤油味や塩味のものなどを指す。

ただ、最近では関東や関西の違いなどはなくなってきているようです。

糖質とは?

穀類やいも類、砂糖などに多く含まれ私たちのエネルギー源となる栄養素のことを言い、糖質と似たような炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものを意味します。

食物繊維は消化できないため炭水化物=糖質(糖類と糖アルコール)と考えられています。

生きるために必要な栄養素やエネルギー源は、いずれも食べ物から摂取するタンパク質、脂質、糖質。エネルギー摂取量に占めるこれらの割合は、タンパク質13~20%、脂質20~30%、糖質50%~65%とすることがオススメ。

ちなみに、カロリーでいうと糖質1gあたりは、4kcalのエネルギーになり、600kcalの食事の場合、糖質は75~98gが目安です。

1日の摂取量の目安は?

肥満の解消や肥満にならないようにと、脂質を極端に控えたり、糖質を極端に控えるダイエット法がありますが、1つの栄養素を極端に控えるということは残りの栄養素の構成割合を高くすることになります。

結果的にバランスが崩れ、残りの栄養素の摂りすぎにつながりやすくなります。

1日に必要な糖質量は、体重60kgの人であれば、体重60kg×体重1kgあたりに必要な糖質量5~7g=300~420gとなりますがその人の運動量などでも違うので目安として計算してみてください。

ちなみに、1日の必要最低量は、およそ100gとしており白米ご飯1膳150gに含まれる糖質は55gです。

おせんべいに含まれる糖質量とは

おせんべいは、上新粉やお米など炭水化物からできていて、ほとんどが糖質です。

また、おせんべいの中では甘辛い味付けのものなどがありますがそれもさらに糖質が多くなっております。

おせんべい一枚の糖質の量は、なんとショートケーキ2つ分!海苔の入った小麦粉せんべいは、1枚10g当たりの糖質量が8.8g。揚げせんべいは、1枚10g当たりで7gの糖質、甘辛い味のおせんべいは8.5g、しょうゆせんべいでも8.2gの糖質を含みます。

おせんべいを2枚食べるだけで、1回の食事でとる糖質量を超えてしまいますね。

お米や小麦粉を原料とするおせんべいは、実はとても糖質量が多いので糖質制限中には避けた方が良い食品です。

糖質制限中でも食べられるおせんべいは

糖質制限中には、1回の食事でとる糖質量10~20gが目安で、おからやチーズなどを原料としたパリパリとした食感が楽しめるおせんべいであれば、糖質制限中でも食べることができます。

おからには、100g当たり13.8gの炭水化物が含まれていますが、その内11.5gは食物繊維なので糖質量はたった2.3gほど。

おからを原料としたおせんべいは、1枚当たりの糖質量が0.4gなので気にせず、たくさん食べれそうですね。

また糖質制限中は、糖質の代わりになるエネルギー源のタンパク質や脂質を十分に摂ることが勧められています。

エネルギー不足になると、筋肉を代謝しエネルギーに変えようとして筋肉量が落ちます。

そうなると、代謝が悪く痩せにくい体になってしまうといった悪循環・・・。
糖質制限中でも気にせずに食べたいという方は、おからやチーズなどを原料としたおせんべいなどがオススメです。

▶お菓子と、わたし|とっても簡単!自宅で作る美味しいおせんべいの作り方

おせんべいには、たくさんの糖質が含まれていることがわかりましたね。

種類によっても、糖質がきになるけどたくさん食べたいという人はぜひ、おせんべいを作ってみてはいかがでしょうか?また手作りのおせんべいを子供のおやつにしても糖質も抑えられたくさん食べられて喜ぶかもしれないですね。

あなたにおすすめのお菓子記事