2021.03.27

簡単!チョコエッグを使って楽しむイースター


4月4日はイースター。

春を告げるイベントとして、日本でも少しずつ認知されるようになってきました。イースターといえばイースターエッグ。そこで、チョコエッグをデコレーションしたり、中身を入れ替えることで簡単にできるイースターエッグの作り方、楽しみ方を紹介します。

今年のイースターはいつ?

2021年のイースターは4月4日です。

イースターはその年の春分の次の満月から数えて最初の日曜日。

日本語に訳すと「復活祭」。元来はイエス・キリストの復活を祝う日です。

 

イースターといえばイースターエッグ

イースターエッグ

出典:写真AC

イースターにかかせないものといえば、イースターエッグ。

卵に小さく穴をあけて、中身を取り出して干した殻に、色をぬったり模様を描いたり、リボンをつけて飾りつけます。

イースター専用の卵型のチョコレートもカルディなどで見かけますね。

チョコエッグでイースターエッグを作ろう!

かわいらしいイースターエッグ、でも生卵から作るのは難しそう…乾かすのも手間かも。

それなら、もともと卵がたのチョコエッグを使ってみたら?!と思いつきました。

【材料】

チョコエッグ 
チョコペン (茶色、白、ピンク)
ベビースターラーメン
中に入れるお菓子 (おっとっとなど)

【作り方】

①ビニール手袋をし、チョコエッグを包丁でそっと半分に割る

②中に好きなお菓子を詰める (チョコエッグのカプセルにメッセージを入れてもOK)

③チョコペンをつかって割ったチョコエッグをくっつける

④ベビースターラーメンを敷いたお皿ににのせて完成!

最近、息子は恐竜にはまっているので、ベジタブルおっとっと(恐竜の形のおっとっと)を入れてみました。

ベジタブルおっとっと

 

恐竜の形のおっとっとを入れて、ふちにそってチョコペンを塗り、再度ふたをします。

チョコエッグアレンジ

チョコペンのデコはちょっと失敗…。

チョコエッグアレンジ

もともとの包み紙もカラフルでかわいいので、このままでもイースターっぽいかも。

 

卵型のチョコレートといえば、チョコエッグと同じフルタ製菓には「カラフルエッグチョコ」という商品もあります。

カラフルエッグチョコ

このカラフルエッグチョコの中身のマーブルも入れてみました。

チョコエッグアレンジ

どれを入れよう?と考えるのもまた、楽しいですよね。

チョコエッグのおまけが入っているカプセルの中にメッセージカードを入れるのもいいかもしれません。

いろいろアレンジして、今年はおうちイースターを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

yu-ko

ゆるキャラ、コネタ、音楽(ライブ・フェス)、乗り物好き。鉄道・恐竜好きの3歳児の母。子供と楽しめる玩菓の紹介や、クスッと笑えるコネタ記事をお届けします。好きなお菓子は「うまい棒」「チップスター」。

ライターのプロフィールを見る

あなたにおすすめのお菓子記事