2022.01.20

みんな大好きボーロの秘密を探ってみた!!


目次

1.  大阪前田製菓ってどんな会社?

大阪前田製菓は、大正7年に創業し、現在創業100年以上というお客様から永く愛されている会社です。
“大阪前田のボーロ”が全国トップシェアを誇っており、CMで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか!皆さんも普段よく見るボーロは、大阪前田製菓が作っているものかもしれません。

大阪前田製菓

2.  ボーロの秘密

皆さんは、商品ごとのボーロの違いが分かりますか?

何も考えずにボーロを食べると、違いを認識することはなかなか難しいのですが、
実はボーロは商品によってくちどけや見た目など、微妙な違いがあります。

くちどけの違いは、材料の種類や比率によって生み出しているそうです!
そして焼き具合も異なるため、見た目もよく見ると違っているのです!

ボーロを作っている競合他社は全国に7社ほどあり、1社だけでもたくさんの種類のあるボーロですが、社員の方々はそれぞれのボーロの違いが、パッケージがなくても大体分かってしまうとのことで、大阪前田製菓の全国トップシェアの威厳を感じました。

ちなみに大阪前田製菓の生産工場の方は、ボーロの種類を当てるテストもあるそうで、面白いテストだなと思いました。
見分けるポイントとしては、味や崩壊感やくちどけだと教えて下さいました。

友達同士でボーロの違い当てクイズなどを行っても面白そうですね!

また、ボーロは湿度、気温、季節によっても仕上がりが変わってしまうため、毎日同じ品質にすることが難しいそうです。
その日の環境に合わせて生産するのが工場の方の腕の見せ所ですね!!

ちなみに、呼び名に関しても地域によって異なっており、ちちボーロ、にゅうボーロ、たまごボーロ、えいせいボーロなど、様々な呼び方があるとのことです。

3.  ボーロだけじゃない大阪前田製菓!

大阪前田製菓は、トップシェアを誇るボーロだけではありません。
ボーロ以外にも、焼き菓子、半生関係、パウンドケーキ等を扱っています。
チーズケーキについては、脱酸素剤(酸素だけを抜くもの)を使って日持ちを考えて作っているそうです。

また、焼き印をつけてお土産用にしたり、パッケージを販売場所によって変化させたりと、同じ商品でも様々な販売方法で売られています。

私が一番印象に残ったのは、温泉卵ボーロです。
温泉まんじゅうの横に置いて販売しているとのことで、見たらついつい手に取ってしまいそうですね!

また、大阪前田製菓には直販店である「甘党まえだ」があります。
もともと大阪前田製菓は、ボーロではなく、天王寺のお店で落雁のようなもの(砂糖を固めたもの)の販売から始まり、そのお店が残ったのが「甘党まえだ」です。

「甘党まえだ」の工場直売店では、80円で絶品のみたらし団子を食べられたり、訳アリ商品として様々なケーキが安く買えたりと、スイーツ好きにとって見逃せないお店となっています。

これは行くしかないですね!!

4.  おわりに

この記事を読んで、身近なボーロや大阪前田製菓について知らなかったこともたくさんあったのではないでしょうか?
同じボーロでも大人向けのものもあり、私も初めて見た商品にテンションが上がり、気が付いたら手が止まらなくなってしまっていました!

皆さんもボーロの魅力に引き込まれていってください!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

大阪前田製菓企業HP

甘党まえだHP

甘党まえだ公式Twitter

“子供のおやつ”おすすめお菓子子供のおやつ

 

この記事を書いたライター

matsumotozemi

近畿大学経営学部松本ゼミでは、「楽せず、楽しく」をモットーに、企業と価値を共創し課題解決に取り組む活動をしています。記事では、学生ならではの視点からお菓子の新たな楽しみ方を届けていきます✨

ライターのプロフィールを見る

あなたにおすすめのお菓子記事