2019.12.09

プチプチの代わりになるお菓子~贈り物にひと工夫~


目次

 1.「食べられる緩衝材」が話題に!

食べられる緩衝剤

出典:あぜち食品Web

最近、「食べられる緩衝材」が話題になっています。 緩衝材として使えるポップコーン、というコンセプトの面白い商品。 なるほど、ポップコーンは軽くてボリュームがあり、緩衝材にぴったり!

この商品、メーカーのちょっとした遊び心がお客さんに受け、SNSで話題となったことがきっかけとなり、商品化されたようです。 「食べられる緩衝材」は高知にある、あぜち食品の商品。 あぜち食品は、おつまみや豆菓子を販売しているメーカーですが、ネットで石の形をしたチョコレートを購入したお客さんに、緩衝材として同社で製造しているポップコーンを同封していたそうです。ちょっとした「おまけ」という遊び心でしょうか。 すると、「緩衝材としてポップコーンが入っててめちゃくちゃテンション上がった」という内容と写真をSNSにアップするお客さんが出てきて、SNS上で話題となりました。

てん。さんの記事

出典:あぜち食品Web

てん。さんのツイートは3.4万件の「いいね」が集まりました。 「これいい!」「食べられるからエコ!」といった意見が多数みられたことから、商品化してできあがったのが「食べられる緩衝材」なんですね。

2.海外では意外と使われている?

実は海外ではグミやマシュマロ、ポップコーンを緩衝材として使う人もいるのだとか。 ネットオークションなどで購入し、日本から届いた荷物の中にお菓子が入っていた!と大喜びしてSNSで紹介している人もいます。海外では手に入りにくく、クオリティーの高い日本のお菓子は「オマケ」として喜ばれそうですね。

最近ではフリマアプリで不用品を売買する人も増加しているので、その「おまけ」として緩衝材にお菓子を詰めるのもありかもしれません。

ただ、フリマアプリのサイトによっては運営側が推奨していなかったり、食品なので人によっては望んでいない方もいそう。注意が必要です。離れた家族や友人など、お互いの信頼関係がしっかりしている場合、ちょっとしたサプライズとしておすすめです。

3.緩衝材になるお菓子

では、おすすめの緩衝材お菓子は?  ※包装された状態での使用を前提としています!

① ポップコーン

ポップコーン

出典:写真AC

大きめの箱にはポップコーンがおすすめ。ポテトチップスは砕けてしまうのでNGです。

② マシュマロ

マシュマロ

出典:写真AC

ふわふわのマシュマロは、見た目も緩衝材っぽい?夏場は熱に弱いので注意が必要です。

③ グミ

グミ

出典:写真AC

海外では小さな緩衝材として、意外と使われているらしいグミ。小袋のものやアソートがよさそうです。他のものより単価は高いのでコストパフォーマンスは低め。こちらも熱に弱いので夏場は注意が必要。

④ 駄菓子

駄菓子

出典:写真AC

小さな隙間を埋めるのには、うまい棒などの駄菓子が役立ちます。どメジャーな商品であれば贈られた側も安心しそう。

4.おわりに

今回はお菓子の緩衝材についてピックアップしてみました。 賞味期間や気温、配送会社への中身確認(何が入っているか伝票に記入)には注意しながら、お菓子を使ったちょっぴりオマケのサプライズを楽しんでみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめのお菓子記事