2021.04.12

母の日のプチギフトに とっておきの飴はいかが?

更新日 : 2021年05月10日


母の日は毎年5月の第2日曜日です。
2021年は5月9日(日)が母の日です。

今回はカーネーションと一緒にプチギフトとしておすすめしたい、 味も見た目も素敵な飴のお菓子をご紹介します!

江戸時代から続く こだわり製法の飴

ご紹介するのは、200年以上続く歴史あるお菓子屋さん、
榮太樓總本鋪(えいたろうそうほんぽ)の
『榮太樓飴』です。

こちらの飴は、400年前にポルトガルから日本に伝わった飴の原型の作り方、 有平糖の製法技術を江戸時代から守り続けています。

無香料・無着色 安心安全の美味しさ

榮太樓飴は、幅広い方々に親しんでもらえるよう、 添加物に頼らない最上質の飴づくりをされています。

中でもおすすめしたいのが、
国産果物使用、無香料・無着色のフルーツキャンディ『果汁飴』。

特殊な製法で果実を加工して使用することで、 着色料や香料を使わず、果物が持つ本来の甘さや香り、 鮮やかな色がそのまま飴として仕上がっています。

「果汁飴宮古島マンゴー」は程良い酸味の効いた芳醇な甘味が特徴。

「果汁飴大長れもん」は広島県産大長レモンをまるごと使用し、 さわやかな風味のほろ苦さが特徴です。 どちらもフルーツの旨味、栄養価、香りを存分に楽しめます。

 フルーツ系以外では、「有平糖黒飴」が定番人気とのこと。

なんとこちらの黒飴は、明治25年から120年以上続いている商品! 沖縄産黒糖にほんのり桂皮末がまぶされており、甘すぎず上品な味わいです。

デザート系では「バニラミルク飴」も人気商品。

北海道の根釧地区の生クリームとマダガスカル産バニラビーンズが使われており、 ミルクとバニラの風味が引き立ち、優しい甘味がお口に広がります。

どれもしつこい甘ったるさがないので、何個でも食べてしまいそう…!

かわいいだけじゃない 三角の形の秘密

袋を開けて一粒手に取ってみると、コロンとした三角の形になっています。

三角形の角が丸くなっているのは、飴を断裁した際の切り口が、 誤って口中を傷つけない配慮とともに、飴の欠けを防ぐ工夫からだそう!

 クラッシックでおしゃれなデザインが魅力的なだけでなく、 どこまでも食べる人を思って丁寧に作られている榮太樓飴。 だからこそ、大切な方へのプレゼントにはぴったりの逸品です♪

お知らせ

大阪いずみ市民生協(コープ和泉中央店、コープ大野芝、コープ岸和田、コープ若江、コープ城山、コープ深阪、コープ久米田、コープ貝塚、コープ泉佐野、コープいこらも~る泉佐野)のお店では、キャンディコーナーで 榮太樓飴「宮古島マンゴー」、「大長れもん」 「有平糖黒飴」、「バニラミルク飴」のお取り扱いがあります。 お店で見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね!

この記事を書いたライター

yu-ko

ゆるキャラ、コネタ、音楽(ライブ・フェス)、乗り物好き。鉄道・恐竜好きの3歳児の母。子供と楽しめる玩菓の紹介や、クスッと笑えるコネタ記事をお届けします。好きなお菓子は「うまい棒」「チップスター」。

ライターのプロフィールを見る

あなたにおすすめのお菓子記事