2020.12.14

日本三大まんじゅうのひとつ「大手まんぢゅう」の魅力とは


冬になると「餡子」が食べたくなりませんか?

実際、餡子の入った和菓子がよく売れるのは、気温の低い冬の時期なのだそうです。

温かい緑茶と、餡子たっぷりのおまんじゅうでほっと一息、いかがですか。

今回は、日本三大まんじゅう ※のひとつ「大手まんぢゅう」をご紹介します。

 

大手饅頭伊部屋の「大手まんぢゅう」

大手まんぢゅうは、中四国地方では知らない人はまずいない、とても有名な薄皮まんじゅうです。

 

大手まんぢゅうの歴史

その歴史は百八十余年。

天保八(1837)年に初代伊部屋永吉が、当時の岡山城下町の入り口であった京橋町で創業。

歴代の備前岡山藩主に愛され、御茶会の席には必ず伊部焼の茶器とともに愛用されていたそうです。

名前も、店の近くにあった岡山城の「大手門」に由来しています。

 

大手まんぢゅうの製法と特徴

大手まんぢゅう‗製法

出典:大手饅頭伊部屋HP

大手まんぢゅうの特徴は、なんといっても、薄皮の甘酒のふわっとくる香りと、見た目がずっしりなのに重さを感じない餡子。

薄皮の生地づくりは、備前米をつかった糀(こうじ)で甘酒を造るところから始まります。

日数をかけてじっくりと造られた甘酒に、小麦粉を混合し、発酵させれば、生地の完成。

その生地で、北海道産小豆を特製の白双糖で練り上げたこしあんを薄く包み、蒸しあげます。

 

大手まんぢゅうのおすすめの食べ方

大手饅頭伊部屋のウェブサイトには、大手まんぢゅうのおすすめの食べ方が紹介されています。

そのままでも十分美味しいですが、ちょっとひと手間加えると、また新しいおいしさに出会えます。

 

【おまんぢゅうの皮トースター焼き】

表面に焼き目がほどよくできるまで大手まんぢゅうをトースターで焼きます。

もちもちとした食感が楽しめます。

 

【おまんぢゅうの皮揚げ焼き】

少し多めの油で大手まんぢゅうを焼きます。

サクサクとした食感が楽しめます。

 

参考:大手饅頭伊部屋

 

他にも、凍らせる食べ方などが紹介されています。是非、試してみてください!

大手饅頭伊部屋 Webサイト 「おすすめの食べ方」はこちら ↓ 

https://www.ohtemanjyu.co.jp/recommend/

 

※日本三大まんじゅうとは

■柏屋「薄皮饅頭」(福島)
■大手饅頭伊部屋「大手まんぢゅう」(岡山)
■塩瀬総本家「志ほせ饅頭」(東京)

の3つが「日本三大まんじゅう」と言われています。詳しくはこちら!  ↓ ↓ ↓

 

> 【日本三大まんじゅう】をご紹介! 日本を代表するまんじゅうとは!?

 

お知らせ

大阪いずみ市民生協(コープ和泉中央店、コープ大野芝、コープ岸和田、コープ若江、コープ城山、コープ深阪、コープ久米田、コープ貝塚、コープ泉佐野、コープいこらも~る泉佐野)のお店では、12月28日から数量限定で「大手まんぢゅう」のお取り扱いがあります。

お近くにお越しの際は、ぜひお試しください。
数に限りがございますので、品切れの場合はご了承願います。

参考:大阪いずみ市民生協 HP https://www.izumi.coop/shopping/shop/

この記事を書いたライター

yu-ko

ゆるキャラ、コネタ、音楽(ライブ・フェス)、乗り物好き。鉄道・恐竜好きの3歳児の母。子供と楽しめる玩菓の紹介や、クスッと笑えるコネタ記事をお届けします。好きなお菓子は「うまい棒」「チップスター」。

ライターのプロフィールを見る

あなたにおすすめのお菓子記事