2019.08.06

お菓子のパッケージ活用法!自分だけの雑貨にDIY!


最近、SNSで話題の「お菓子袋ポーチ」、「グミの型で作るデコパーツ」などの雑貨、知っていますか?

普段買っているお気に入りのお菓子で、自分だけのグッズが作れたら、可愛いですよね。無心に作ることでストレス解消になるかも・・・!?

グッズ作りも含めた、お菓子を雑貨として活用する方法をご紹介します。

 

目次

 

1、自分だけのグッズにリメイク

1-1.お菓子袋ポーチ

SNSで話題のお菓子袋ポーチ、慣れれば10分程度でできるんです。

材料についてです。

・お菓子のパッケージ

・ファスナー

・強力両面テープ(布用)

カッター、定規、カッティングマット

 

出典:ドーラー

 

材料も100円ショップであるものでできそうですね!

強度を強くするのであれば、裏地にはぎれ布を使う方法もあるみたいです。

その場合は、布とパッケージとファスナーを合わせて、ミシンできっちり縫うのがポイントです。

 

1-2.お菓子袋ポーチを作るのにお勧めのお菓子

パッケージが可愛いものがお勧めですが、こんなお菓子で作るのはいかがでしょうか?

中に直接お菓子が入っていない、小包装の商品であれば、パッケージも汚れていないので、使いやすいですね!

アメや小袋が中に入ったような商品(大袋商品)はねらい目かもしれません。

ミルキー袋 株式会社不二家

 

クッピーラムネ ファミリーパック カクダイ製菓株式会社

 

いちごみるく サクマ製菓株式会社

 

パイの実 シェアパック 株式会社ロッテ

 

 

1-3.グミの型でデコパーツ

食べ終わった後のグミの型が、デコパーツ作りの型として使えるってご存知でしたか?

最近では、Youtubeでも、グミの型を利用したデコパーツの作り方が多数投稿されています。

食べて美味しい、型として活用して楽しい!とあれば、二度美味しいですよね。

作り方としては、グミの型でレジンを固め、デコパーツを作ってスマホケースに貼り付ける、という方法です。

材料

・携帯ケース

・UVレジン

・型に入っているようなグミ

・UVライト(または、太陽光)

・接着剤

出典:えんウチ

 

ちなみに、レジン液というのは、「紫外線硬化樹脂」という樹脂で、雑貨や 100円ショップでも売っているので、気軽に試してみやすいですね!

「UVレジン」とは「紫外線硬化樹脂」のこと。

すなわち、「UVレジン液」とは紫外線に反応し、硬化する液体です。

刺激臭もほとんどなく、金属・紙・布・プラスチック・タイルなど幅広い素材に使えます。

『レジン』には主剤と硬化剤を混ぜて固める2液タイプのものもありますが、UVレジン液は1液ですので、混ぜ合わせる必要がなく、簡単・手軽にアクセサリーを作ることができます。

固まる時間も2液タイプのレジンより短く、お天気の良い日に太陽光に当てれば、約30分~1時間ほどで固まります。(硬化する時間は、気象条件や紫外線の強さ、作品の大きさなどにより異なります。)

また、UVライト(UVレジンランプ・紫外線照射器)などを使えば、さらに短い時間で固めることができます。

 

出典:クラフトタウン

 

1-4.デコパーツ作りにお勧めのお菓子

デコパーツ作りに役立ちそうな、型に入ったグミを集めてみました!

アンパンマングミ 株式会社不二家

 

まけんグミ 杉本屋製菓株式会社

 

もぎもぎフルーツグミ 株式会社明治

 

じはんきコーラアップ 株式会社明治

 

 

2、プレゼントにも!そもそも雑貨として可愛いお菓子

続いて、そもそもお菓子が雑貨として可愛いお菓子を紹介します。

チュッパチャップスで髪飾り

今年3月頃からSNSを中心に、女子中高生の間で「チュッパチャップス」を使ったヘアースタイルが話題になっているみたいです。

卒業式や文化祭など、イベントごとの時にお揃いでつけてSNSにアップする人も多い様子。

 

リングポップ プチ

こちらのキャンディー、実は指輪の宝石部分がキャンディーになっているんです!

プロポーズや婚約、結婚式などのイベントなどに使ってみてもよさそうですね。

 

以上、お菓子のパッケージを雑貨として活用する方法を紹介しました! SNSで検索すると、色々なアイデアが出ているので楽しいですね。皆さんもぜひお試しください。

あなたにおすすめのお菓子記事