2020.01.09

突入レポート「ふるさと祭り東京2020」1万円で全国スイーツ・ご当地菓子を食べ尽くす

更新日 : 2020年01月15日


目次

1.はじめに

日本全国のお祭りと故郷の味が一同に会するイベント「ふるさと祭り東京2020 –日本のまつり・故郷の味-」が2020年1月10日(金)から1月19日(土)まで東京ドームで開催されています。

【イベント情報】20年1月10日~19日ふるさと祭り東京2020

そこで早速、初日に現地へ突入!

もちろんただ行くだけでも楽しいですが、今回は、「1万円で全国スイーツを食べ尽くそう」というテーマで現地レポートをすることにしてみました!

さて、1万円でどれだけの全国スイーツを食べることができるのでしょうか?

2.会場の様子

ふるさと祭り開場前の様子

まず会場について驚いたのは、人の多さ!会場時間前に行きましたが、すでに人が並んでおりました。

平日でもこんな感じなので、土日に予定している方は、早めに会場へ向かいましょう。

ふるさと祭り入口

会場に入ると、ででーんと青森ねぶた祭りの展示が!

祭り気分が高まりますね。

ふるさと祭り_祭りの様子

お祭りひろばでは、エイサーの催しもありました。

開催中は、色んな地域のお祭りが開催されているので、ぜひチェックしてみてください。

 

3.1万円分の全国スイーツ大紹介

それでは、全国スイーツの実食レポートを行いたいと思います!

とはいえ、美味しそうなスイーツはたくさんあるので、冒頭でも述べたように、1万円で食べられたスイーツをご紹介したいと思います♪

北海道スイーツ

札幌やおきゅう
生メロンソフトクリーム

札幌やおきゅう マナメロンソフト

(中:1,300円)

北海道の味覚!これは外せない!と思えるこの見た目に目を奪われ購入したのがこちら!!

メロン半玉を贅沢に使い、それを土台に中央にはソフトクリームが高々とそびえ立っています。

食べる前から、美味しいのが分かります…

実際に食べると、メロンのさっぱりとした甘さと、濃厚なソフトクリームの甘さが口の中で溶け合う、ここでしか味わうことのできない北海道の味覚がぎゅっと詰まった贅沢な逸品でした。

店舗HP:札幌やおきゅう

スイートオーケストラ
おもっちーず(6個入り 972円)

千歳空港でも人気No1スイーツというこちらの商品。

「日本のチーズケーキ」をコンセプトに、チーズケーキでありながら餅のような柔らかい食感になるように開発された不思議な食感のチーズケーキです。

求肥などでお餅のような食感にしている物は多いですが、すべてがモチもちのチーズ。

掴むとすぐに形が崩れてしまう柔らかさ。チーズの濃厚の風味も広がり、新食感で、美味しかったです♪

ほっぺもトロトロに落ちてしまいそうです。

おもっちーず 外装

外装はこんな感じで、お土産にもピッタリ!

おもっちーず

持っただけでその柔らかさを実感。

伸びるおもっちーず

本当におモチのようにのびました!

店舗HP:スイートオーケストラ わらく堂

東北スイーツ

美杉 角館町(秋田県)
ババヘラアイス(1個 300円)

ババヘラアイス

ババヘラアイス上からの写真

バナナ味の黄色いアイスと、ストロベリー味のピンクアイスが花の形(バラ)に盛り付けてられたこの商品。可愛い見た目に惹かれて購入。

ババヘラとは、路上で販売員(中年以上の女性(ババ))が、「ヘラ」を用いてコーンへ盛りつけてくれるアイスで、秋田県では有名なシャーベット状のアイスだそうです。

今回は、市販のアイスのように売られていましたが、暑い中、路上でおばちゃんがこのアイスを売っている風景を思い浮かべると、何とも懐かしく、昔ながらでいいなぁ…と思いに耽ってしまいました(笑)

アルパジョン(青森県)
朝の八甲田シリーズお楽しみセット(6種詰め合わせ 1,490円)

朝の八甲田お楽しみセット

行列を成し、お昼過ぎから早々に”完売”の札が並んでいたのが、こちらのお店!

TVでも紹介されたことのある話題のスイーツ「朝の八甲田」(チーズケーキ) で有名なアルパジョンです!

すでに売り切れた商品も多数あったのですが、その売り切れ商品も含めた6品が入ったお楽しみセットがあったのでこちらを購入!

滑らかなで濃厚なチーズケーキを筆頭に、大人気なだけあり、どれも間違いないおいしさでした!

店舗HP:アルパジョン

関東スイーツ

日光さかえや揚げゆばまんじゅう本舗(栃木県)
揚げゆばまんじゅう(1個 150円)

揚げゆばまんじゅう

揚げゆばまんじゅう 中身

揚げゆばまんじゅう 揚げている様子

日光ブランド、栃木フロンティア企業にも認証されているという日光さかえや揚げゆばまんじゅう。

揚げたての、カリッとした湯葉衣の中にとろ~りあんこが入っています♪

衣にかかった粗塩があんこの甘さと絶妙にマッチしていて美味しかったです!!

店舗HP:日光さかえや揚げゆばまんじゅう本舗

開運たかさき食堂(群馬県)
焼きまんじゅう(1本 200円)

焼きまんじゅう

200円でこの大きさ!!というのを伝えたくて、アイフォンと比較。

高崎名物焼きまんじゅうとダルマ

(高崎で有名な大きなだるまがいたので、一緒だるまにも一口あげました(笑))

群馬県民のソウルフード、小麦を練った生地に味噌ダレを塗って焼いた「焼きまんじゅう」

まんじゅうとはいうものの、あんこは入っていませんよ!

筆者の懐かしの味でもあるので、皆様に紹介したくてついつい手を出してしましましたが、一緒に行った4名中食べたことがあるのは筆者のみ…

みんな、これぞご当地!という真新しさを感じて感動していました。

店舗HP:開運たかさき食堂

かすみキッチン(茨城県)
熟成焼き芋アイス (1個 500円)

熟成焼き芋アイス

かすみがうら市産の「紅はるか」を使った熟成焼き芋にアイスが挟まった焼き芋アイス。

蜜とゴマは無料トッピング可能とのことで、もちろんトッピング!

大学芋を想起させる見た目になりました♪

紅はるかの焼き芋というだけでもあり、トロトロのあま~いお芋。

そこにさっぱりとアイスがマッチングして、アイスだけ・お芋だけ・お芋とアイスの組み合わせと1度で3つの味が満喫できる逸品。

結構お芋も大きいので、購入前は食べきれるか…という不安もありましたが、美味しく、ずっしり感も無いのであっという間に食べきってしましました。

中部北信越スイーツ

永平寺町ブランド「SHOJIN」 ₍福井県₎
大人の吟醸酒まんじゅう(1個 130円)/ピクニックコーン大福(1個 160円)

SHOJIN 大人の吟醸酒まんじゅうとピクニックコーン大福

(左:ピクニックコーン大福 右:大人の吟醸酒まんじゅう)

大人の吟醸酒まんじゅう外観

漆黒の生地にZENの刻印がCOOLな大人の吟醸酒まんじゅう

大人の吟醸酒まんじゅう中身

中身は真っ白な白あん。

福井県永平寺の“禅”の精神を表現した真っ黒スイーツ「大人の吟醸酒まんじゅう」

餡には永平寺町の酒造「黒龍酒造」の吟醸酒粕と、よりお酒の芳醇な風味が感じられるよう、従来の酒まんじゅうでは使用しない清酒(黒龍酒造 吟醸酒 いっちょらい)が配合されているとのこと。

本格的なお酒の味が楽しめ、お酒好きには堪らない逸品。日本酒と一緒に食べたいという声も…

ピクニックコーン大福

ピクニックコーン大福は、永平寺町特産ピクニックコーンが中にゴロゴロと入った大福で、お店の方におススメされて購入。

コーンの粒粒が本当に入っていて、食感のアクセントになっていて新感覚でした!

大人の吟醸酒まんじゅうは大人に。ピクニックコーン大福はお子様にと分けて食べてもよいのでは!?

店舗HP:SHOJIN

中津川市(岐阜県)
中津川栗きんとん(1個 250円)

中津川栗きんとん外装

中津川栗きんとん

岐阜は中津川の名物「栗きんとん」

栗きんとんは“商売繁盛”“金運UP”をもたらす福のあるお菓子として昔からおめでたい席で食べられてきました。ということで、2020年の金運UPを願って実食!

驚くほどのTHE・栗!!というお味。

(スイートポテトの栗バージョンみたいなものを想像いただければと思います)

栗と砂糖のみで作られているので素材そのままの味を堪能できる一品でした!

関西スイーツ

京都味職倶楽部(京都府)
京乃抹茶うば玉(5個入 702円)

うば玉 外装

うば玉 中身①

うば玉 中身②

うば玉って何?と思ったら、京都の伝統菓子だそうで、夏に花が咲く檜扇(ひおうぎ)の、丸くて光沢のある種子を模したお菓子とのこと。

外は薄い羊羹、中にはしっとりた抹茶味白あんが入っています。

かわいい桶型の容器につやつやでころんとした形はとっても可愛らしいですよね。

食べてみると、羊羹も中の餡もしっとりしていて抹茶感もしっかり感じられます!

珈琲と一緒にいただきたい和スイーツでした。

大阪ぷりん専門店(大阪府)
うっふぷりん(1個 350円)/ティラプリ(1個 650円)

うっふぷりんとティラプリ

続いては瓶の王様のイラストがかわいい「大阪ぷりん専門店」へ。

うっふぷりんとティラプリをいただきました!

とろーり濃厚なのに、後味はさっぱり。

最近じわじわときている固めプリンよりもとろーり濃厚系プリンが好きな筆者には大ヒット!!

ティラプリの方も食べごたえばっちり。

たっぷりのココアパウダーやエスプレッソに浸ったスポンジとプリンのバランスが絶妙で、ティラミス以上に好みかもしれない逸品でした。

店舗HP:大阪ぷりん専門店

中四国スイーツ

高知県:四万十郷 水車亭(高知県)
塩けんぴ(1袋 400円)

”水車亭

ご当地テレビ局オススメ逸品ストリート 高々と積まれた芋けんぴの山に目がとまり、購入したのがこちら。

”水車亭

高地県で有名な芋けんぴですが、こんなにも色々な味があるとはびっくり!

一番人気という”塩けんぴ”をいただきました!

ほんのり塩味が利いていて、逆にお芋の甘さが引き立つおいしさです。

程よい塩加減と甘さでついつい手が止まらなくなり、ぽりぽり食べてしまいます。

店舗HP:四万十郷 水車亭

松風庵かねすえ(岡山県)
さぬきわらび餅(小パック 1,200円)

出来立てさぬきわらび餅

京都など関西のイメージの方が強いわらび餅ですが、中四国エリアからもわらび餅の出店が!

しかもこちらもご当地テレビ局オススメ逸品ストリートでの発見です!

実演でぷるっぷるっのわらび餅が作られるのを見られるのも楽しかった&出来立てを食べられるのは現地ならでは!

たっぷりきな粉がかかったぷるぷるのわらび餅があっという間に口の中でとろけていきました。

ぷるぷるのわらび餅は季節を問わず魅力的な和スイーツの一つですよね~

店舗HP:松風庵かねすえ

九州スイーツ

肥後俵屋 (熊本県)
いきなりだご(1個 150円)

いきなりだご

いきなりだご 中身

昔ながらの熊本のおやつとして愛されている“いきなりだご”

“いきなりだご” と聞いたことはあったものの、実際に食べたことがなかったので、いただくことに。

輪切りにしたサツマイモと粒餡が手作り感満載のモチモチ生地で包まれ、素朴なおいしさでした♪

ちなみに、筆者…こちらの商品は「いきなりだんご」だとずっと思っていました…

「いきなりだご」というのが正式名称だったんですね。

良い勉強にもなりました!!

店舗HP:肥後俵屋

マンゴースイーツ専門店おきぼたショップ(沖縄県)
マウンテンマンゴープリン(850円)

”マウンテンマンゴープリン”

マウンテンマンゴープリン実演

やはり沖縄といえばマンゴーですよね♪

ということで、沖縄ブースで発見したのがこちら。

マンゴープリンを土台に、生クリーム、そして大量のマンゴー果肉がたっぷり乗った贅沢な逸品です!

土台と果肉を合わせると、マンゴー1玉分になるんだとか…

お腹がいっぱいな中でも、さっぱりとしていてあっという間に食べきれましたよ!!

店舗HP:マンゴースイーツ専門店おきぽたショップ

4.(番外編)ご当地スイーツマルシェでカスタマイズスイーツ

特別企画として「ご当地スイーツマルシェ」が開催されていたので、こちらも一回り!!

今年は「カスタムスイーツ」がテーマとなっており、自分だけのオリジナルスイーツが楽しめるとのことで、全国スイーツ食べ尽くしというテーマからは少しずれてしまう部分もありますが、折角なので1万円チャレンジとは別にご紹介させていただきます。

ろまん亭
ご当地フルーツで味わうパリパリブリュレ

プリン+選べるフルーツ×選べるクリーム

 

ご当地パフェラボ

選べるご当地アイス×選べるご当地ソフト×選べるトッピング

いちご大福「住吉商店」

選べるご当地いちご×選べるあんこ

コラボアイス工房
創業160年のトルコアイス職人×ニッポン素材

選べるコラボアイス×選べるコラボアイス×選べるトッピング

サンタチューボー
北海道産小麦のクレープのメガホン型パリパリクレープ

選べる食材×選べるソース+パリパリクレープ

マルガ―ジェラート

選べるコーン×選べる和ジェラート×選べる伊ジェラート+金箔付ホイップ

札幌プティドーナッツ

選べる北海道アイス×選べるドーナツ×選べるドーナツ

室蘭うずら園
プリンが選べるうずら卵のソフトパフェ

選べるうずらのプリン×選べるフルーツソース+うずらの卵ソフト+うずらクッキー+味付うずら卵

道の駅もてぎ

選べるアイスクーヘン×選べるアイス+完熟とちおとめ

5.さいごに

いかがだったでしょうか。

全国には出会ったこともない様々なお菓子がありますね。

もちろんご当地スイーツは、その地で食べてこそ一層美味しいとは思います。

みなさんも、もしここで紹介した地の近くへ行った際には是非上記スイーツ、ご当地スイーツを愉しんでみてください♪

今回1万円で本当にたくさんのスイーツを味わいましたが、やはりスイーツは奥深い。

今回紹介しきれなかったスイーツもたくさんありましたし、ふるさと祭りに出店していないスイーツはもっともっとありますよね。

続けて「お菓子と、わたし」で美味しいスイーツ・お菓子の紹介もしていきたいと思いますので、ぜひ皆さんまた「お菓子と、わたし」にお立ち寄りくださいね。

あなたにおすすめのお菓子記事